タイルの目地の黒ずみに

タイルの目地の黒ずみを放っておくと、カビの原因にもなります。

タイルの目地の黒ずみに

 ・見つけたら直ぐに、重曹をつけて古歯ブラシでこすっておきます。お風呂のついでにお掃除すると苦になりません。洗剤ではないので、体についても安心ですね。

 ・放っておいて、カビになってしまった場合、専用のカビ取り剤をつけて、しばらく放置します。洗い流すだけで、きれいになります。

 (注意)カビ取り剤を使うときは、必ず、窓を開けて換気扇を回し、風通しをよくしてから、掃除してください。体についたときは、しっかりと洗い流しましょう。

お風呂のカビ防止は

お風呂は、高温、湿気、石けんかすなどの栄養が揃っていて、カビが生えやすいところです。カビが嫌がる環境を作りましょう。

お風呂のカビ対策

 ・最後にお風呂に入った人は、温度を下げるために、壁や床に水をかけます。

 ・乾いた布で、水分を拭き取ります。

 ・窓を開けて、壁が乾くまで換気扇をつけておくとよいでしょう。

シャワーヘッドのお手入れは

日頃、シャワーヘッドを見ることはあまりないのですが、ふと気がつくと、水あかがついていることがあります。そんなときのお手入れも簡単にできますよ。

シャワーヘッドのお手入れ

 ・お風呂上りに、洗面器のお湯をはり、その中に酢をコップ半分入れて、シャワーヘッドを一晩つけておきます。

 ・翌朝、水でしっかりすすいで、出来上がりです。

お風呂のふたのお手入れは

お風呂のふたは、溝があるのでお手入れが、なかなか大変ですよね。さあ、お風呂に入ったときに、ついで掃除をしましょう。

お風呂のふたのお掃除

 ・クリームクレンザーと古歯ブラシで、汚れをごしごし磨きます。その後、水でしっかり洗い流します。

 ・ときどきは、天日干しをして、カビの発生を防ぎましょう。

浴室小物のお手入れは

いす、洗面器などに付いたよごれは、水あか・石けんかすなどです。これらをほおっておくと、なかなか取れなくなってしまうので、お風呂に入ったときなどに、できるだけこまめに磨きましょう。

浴室用いす・洗面器などのお掃除

 ・日頃のお手入れは、お風呂を洗うときに、一緒に洗剤をつけて洗います。

 ・しつこい汚れの場合は、洗面器やいすにティッシュを貼り付けて、お風呂用の洗剤をスプレーします。
 
 ・しばらく置いた後、スポンジでこすって、しっかりと洗い流します。

 軽い汚れの場合は、アクリルたわしでこすってもきれいになりますよ。

お風呂の蛇口の汚れ

お風呂の蛇口は、お手入れをしないとくもりが出てしまいます。お風呂に入ったついでにちょこっとお掃除してしまいましょう。

お風呂の蛇口のお手入れ

 ・歯磨き粉を少量つけて、古歯ブラシで磨きます。もちろん、重曹で磨いてもOKですが、歯磨き粉は、曇りにくくなる効果があるそうです。

 お風呂は、ぬるめのお湯にゆっくり入るのが、体にいいとテレビで言っていたので、その時間を利用して、少しづつやると苦になりません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。